甲州金の販売

>
>

古銭・コインの専門店

ナガサカコイン

日本貨幣商協同組合加盟店

甲州金について(『日本の貨幣-収集の手引き』発行 日本貨幣商協同組合より引用)

黒川山(山梨県塩山市)をはじめ甲斐には多くの金山があり、殆どのものが武田信玄(1521~1573)の時代の開発とされていますが、父、信虎時代にまでさかのぼるだろうともいわれます。甲州金の存在を文書で確認できる最古のものは天文13年(1544)に甲州金を売った記録で、「大板」、「小板」、「ツカ」、「星」と呼ばれる4タイプがあったことがわかります。この文書は信玄が甲斐の国主になって3年ほど経った時期のものです。

甲州一分金

日本貨幣商協同組合鑑定書付
背重 美品(-)
Sold Out

甲州一分金
甲州一分金 背重 日本貨幣商協同組合鑑定書付き

甲州一分金 表面

甲州一分金 背重 日本貨幣商協同組合鑑定書付き

甲州一分金 裏面

古銭・コイン販売メニュー

ナガサカコインは日本貨幣商協同組合加盟店です。
Mail