慶長小判の販売

>
>

古銭・コインの専門店

ナガサカコイン

日本貨幣商協同組合加盟店

慶長小判金について


慶長小判は一分金とともに大判座の後藤家から分かれた後藤庄三郎光次の管掌下で、金座内で製造された。当時は金座としての組織機構が整っておらず、庄三郎配下の金細工師が各自宅において製造のものを、金座役人と庄三郎(後の後藤役所)が検査の上、検印を打って幕府直轄の金蔵に納める、いわゆる手前吹きの制度になっていたものである。 また大判同様長期にわたる製造であるから、極印の小異は免れないところであった。製造場も江戸・京都のほか慶長の末年には家康退穏後の駿河、あるいは佐渡にも設けられているので、いっそう極印の変わりや表面の茣蓙目に相違が見られる。収集界では、江戸・京都・駿府の三箇所について極印による相違点でそれぞれ製造分を分類しているが、その根拠には確実性が少ないので断定は避けることにしたい。(『日本貨幣図鑑』発行 東洋経済新報社より引用)


古鋳小判の後を受けて製造されたのがたがね目の慶長小判です。この変更は生産性を考慮したためでしょう。 たがね目は密に切られたものと粗く切られたものが存在します。密に切られたものは通常「細目内」と表示されます。 また、つち目が密なものと粗なものとの間に中間的なものもあり、密から粗に移っていったと考えられます。(『日本の貨幣-収集の手引き-』より引用)


徳川家康と慶長金について

江戸時代の初期より発行された小判で一両としての額面の計数貨幣である。慶長小判金及び一分判金を総称して慶長金と呼び、一般的には慶長大判金も慶長金に含まれることが多い。されに慶長丁銀と豆板銀を含め慶長金銀と呼ばれ、徳川家康による天下統一を象徴する、江戸幕府による貨幣として重要な位置づけにある。
表面には鏨によるゴザ目が刻まれ、上下に桐紋囲む扇枠、中心上部に「壱両」下部に「光次・花押」の極印。裏面には中央に花押、下部の右ないし左端に小判師の極印、さらに吹所の極印が打たれている。小判師の極印一個のみで吹所の極印が打たれていないものは一般的に前期と呼ばれている。裏面の花押は正徳小判及び享保小判より大きい。
(引用:江戸時代の小判金・分判金収集手引き【上級編】日本貨幣商協同組合加盟)


※慶長小判は銀行の貸金庫にて保管してあるため、購入を希望の場合は、必ず事前のご連絡をください。

慶長小判

前期 未使用
日本貨幣商協同組合鑑定書付

Sold Out

慶長小判 日本貨幣商協同組合鑑定書付
慶長小判 日本貨幣商協同組合鑑定書付

慶長小判 表面

慶長小判 日本貨幣商協同組合鑑定書付き

慶長小判 裏面

慶長小判

右刻印 極美
日本貨幣商協同組合鑑定書付

税込み 1,600,000円 商談中

慶長小判 日本貨幣商協同組合鑑定書付
慶長小判 日本貨幣商協同組合鑑定書付

慶長小判 表面

慶長小判 日本貨幣商協同組合鑑定書付き

慶長小判 裏面

古銭・コイン販売メニュー

ナガサカコインは日本貨幣商協同組合加盟店です。
Mail